読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナイロの日々

関西JrとジャニーズWEST

アイドルって素敵。

「昔はソロのアイドルが多かった」と母が言っていた。しかし今はグループのアイドルがほとんど。グループのわちゃわちゃ感が好きな人はたくさんいる。わたしもその中の一人だ。

わたしがジャニーズにハマったのは、グループの関係性、またジャニーズ内の人たちの関係性が見られることが楽しかったからのような気がする。先輩なのに年下、同じ年なのに後輩、ずっと一緒に頑張ってきた同期、Jr時代もグループが一緒、など様々な関係性を発見すると面白いし、その関係がとても微笑ましくこちらまで幸せな気分になる。

わたしはTwitterかどこかに上がっていたデビュー組の入所日順に並べられた表をよく見る。見ているだけでたくさんの発見があり楽しい。ジャニオタ初心者のわたしはデビュー順でなんとなく先輩後輩を区別していたが、ジャニーズはデビューが早い方が先輩 ではなくジャニーズへの入所が早い方が先輩となる。またグループ内でも入所が何年か違う。A.B.C-Zなんか最年長五関さんの入所が1998年、最年少の橋本くんは2004年だ。6年も違う。なんだか不思議だなぁと思う。

 2008年の少クラin大阪での 関西JrにQ。濱ちゃんは司会をしていた。そして重岡くんも登場した。もう子供と大人って感じで2人ってこんなに年の差あったっけ?と考える。このとき濱ちゃんは19歳、重岡くんは15歳だ。(間違ってたらごめんなさい!)たったの4歳差。大人となった今では4歳ではそんなに年の差を感じないが、子供のときではこんなに年の差を感じるんだとあらためて実感。
大人だった濱ちゃんと子供だった重岡くんが一緒にデビューするなんてこの時の動画からは想像もつかない。不思議だなと思った。今でこそジャニーズWESTは先輩後輩関係なくため口で話したりあだ名で呼びあったりしているが、Jr時代は先輩には敬語を使っていた。同じグループとなり敬語も自然となくなってきたのだろう。敬語からため口に変わっていたりあだ名で呼んでいたりするといつから変わったんだろう?と少しワクワクする。同じグループになりどんなふうに関係が変わってきているのかを見るのはとても楽しい。

わたしはまだJrからデビューするのを見ていない(新規すぎるから笑)
だから今のJrがデビューし10年後くらいに、あのときはこうだったね、と今のことを話してほしいなって思う。その時を楽しみに、もちろん今も楽しみながらジャニーズを応援したい。